快眠を得るためのおすすめ

夕食は眠る3時間前までに済ませましょう。

食事から摂った食べ物が胃の中に溜まったままの状態では、よく眠れないのです。食べ物を消化するために胃腸が活発に働き、その刺激が眠りに影響を与えるからです。逆に空腹の状態では脳が興奮してしまい眠りにつきにくくなります。

お腹がすいている時はカルシウム、脂肪、トリプトファンが含まれた食品を小量摂るとよいでしょう。ホットミルクがおすすめです。

夜中にお腹いっぱい食事をしてしまうと胃腸は活発に消化活動をするため疲れがとれず、本来なら眠っている間にするべきグリコーゲン(スタミナ)の合成、毒素の排泄などができなくなり、朝起きたときにむくみの症状が見られたり、気分が悪かったりすることがあります。

 

広告

これから夏に向けて

夏は様々なストレスがあります。暑さ、紫外線、お盆による生活リズムの変化、睡眠不足などなど、休みがあるからといって疲れが解消できるかというとそうでもないことが多い状況です。

夏のストレス解消で有効な事を上げると

・エステやマッサージ、スパで身体のケアを行う

・睡眠の質を高める

・お祭りやイベントを楽しむ。