バストアップマッサージ

バストアップマッサージ
バストアップするためのマッサージの2つのステップ

・バストに沈殿している乳酸、老廃物を取り除き、マシュマロのようなフワフワオッパイにするリンパマッサージです。

・バストを鍛え、張りのあるオッパイにし、カップ数を上げるためのバストアップトレーニングです。

これをすると個人差はありますが、1カップから最大2カップまで大きくすることが可能です。さらにマッサージを続けるほど乳首や乳輪がピンク色になり、乳首が上を向いて乳房の形が美しくなっていきます。女性にとってバストはシンボルですから、自分の乳房とは思えないほどの喜びを得られるでしょう。但し、バストアップするには女性ホルモンと成長ホルモンが分泌されていて初めてマッサージの効果が現れます。

まずはバストとはどういう構造なのか、どういう仕組みで膨らむのかなどをご説明していきます。構造や仕組みを知ったうえでバストアップマッサージをすると効果が出やすくなります。

バストの構造
バストの9割は脂肪、1割が乳腺です。乳腺は、乳房一つに対して平均15~25個の塊として存在し、乳頭の周りで葉っぱが枝分かれしたように張り巡っています。乳腺が発達している人ほどバストは固く豊かになります。乳腺の脂肪は、乳腺の周りに付いて乳腺を保護しています。バストは脂肪の量が多いか少ないかで大きさ・形状・張り・丸みなどが違ってきます。乳房の下には大胸筋があり、バストを支える役目を担っています。この大胸筋の退化や老化が進むと、バストが垂れ下がり、張りがなくなります。

バストのタイプ
バストは「乳腺質」と「脂肪質」の2つのタイプに分けられます。乳腺質のバストは、乳腺がたくさん詰まっているために、比較的固めで、乳房も大きく、垂れにくいのが特長です。欧米人に多いタイプです。脂肪質のバストは、乳腺数に比べて皮下脂肪が多いタイプの乳房です。日本人やアジア系の女性に多いタイプです。乳房が柔らかいために仰向けになるとペチャンコになったり、歳をとったり授乳経験があると垂れ下がる傾向があります。

バストとホルモンと遺伝の関係
乳腺や脂肪の量が多いか少ないかでバストの大きさ・形状が変わってきます。バストが思春期のころに大きく成長するのは、成長ホルモン、女性ホルモンが活発に分泌し、脂肪や乳腺を発達させてくれるからです。その頃に、強い精神的ストレスを受けたり、過剰なスポーツ、過度なダイエットなどをすると発達が阻害され、バストが大きくならないのです。現在はバストの大きさと遺伝はあまり関係ないと言われています。

広告

男性セラピストのアロマトリートメントは、男性特有の大きく暖かい手による、力強く圧が重厚なマッサージです。

男性セラピストのアロマトリートメントは、男性特有の大きく暖かい手による、力強く圧が重厚なマッサージです。包み込まれるような安心感は、女性セラピストにはないリラクゼーションを可能にします。また、女性が男性セラピストにマッサージを受ける際、異性のセラピストに施術されるというドキドキ感が、貴女をさらに綺麗にしてくれるでしょう。さらに、タッチセラピー効果によりホルモン分泌が活性化し、血行や代謝も促進されて美容効果も期待できます。会話を楽しむも良し、深いリラクゼーションに浸るも良し。女性としての人生をさらにエンジョイしませんか。

アロマトリートメント(マッサージ)の効果
アロマオイルの香りには、リラクゼーションやリフレッシュ、ストレスの緩和や神経系の鎮静効果、精神安定効果だけでなく、体調改善効果があります。アロマトリートメント(マッサージ)として皮膚に直接塗りこみ、ほぐしてマッサージすることで、美容効果もあります。

冷え性や腰痛、肩こりの改善
むくみの解消、血行促進
ウエストの引き締め、バストアップ、ヒップアップなどシェイプアップ
その他、エッセンシャルオイルによっては抗菌作用なども見られます。アロマトリートメント(マッサージ)では、アロマオイルの香りをによる癒しと、皮膚から吸収する体内の癒しの両方をお楽しみいただけます。

人肌の温かさを直接肌で感じると、人は安心感を覚え、癒しや和みを感じるようになります。優しくゆっくり重厚なアロマトリートメントによるリラックス効果は、抱きしめられた時のような「落ち着く幸福感」をもたらすでしょう。

アロマトリートメント(マッサージ)は、リンパマッサージを取り入れたオールハンドのエステです。リンパの流れを改善して代謝の促進を行いつつも、アロマオイルの香り+皮膚からのアロマ効果+男性セラピストの温かく力強いマッサージという極上のリラクゼーションをご提供いたします。滞っていたリンパを流すことで、デトックス(老廃物の排出)になり、美肌や免疫力の改善をもたらします。

夏にはアロマで

ジメジメムシムシとした鬱陶しい季節の真っ只中ですが、この時期を過ぎると今度はうだるような暑さがやってきます。夏はうれしいけど、日本の夏特有の蒸し暑さは体に堪えますよね。節電対策で、電車やお店の中の冷やしすぎも少なくなりましたし、自宅でもエアコンの使用を控えている方も多いと思います。とはいえ、暑いものは暑い。暑さ対策にも色々ありますが、嗅覚から取り入れる暑さ対策はいかがでしょうか。アロマの効能を利用して、香りで涼しさを感じてみませんか。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。