アロマセラピーと睡眠について

アロマセラピーは睡眠不足にとても効果があります。

皆さんは好きな香りを嗅いだ時に良い匂い、癒されると感じた事はありませんか。ふと香った香りが懐かしく感じた、嫌なことを思い出した経験がある方もいるのではないでしょうか。香りは人間の感情や記憶に関連して多かれ少なかれ体に影響を与えています。

アロマセラピーではそんな人間の特徴を活かしてリフレッシュ、リラックス効果をもたらすことを目的に行なわれています。疲れを癒すために睡眠前にアロマオイルでマッサージをしたり部屋にアロマディフューザーを置いたりする人が増えています。その背景には自分の好きな匂いを楽しむためだけではなく気持ちを落ち着かせるため睡眠の質を上げるためといった目的があるのではないいでしょうか。

ではなぜ香りを嗅ぐだけで癒され睡眠の質が上がるのでしょうか。ストレスが溜まったらマッサージや温泉に行ったりして癒されることが代表的ですが時間がなくてなかなかいけないことが多いですよね。そんな時に自宅で気軽にできる方法としてアロマの活用方法をご紹介いたします。

アロマが睡眠に与える効果についてまずはアロマの香りがなぜ効果があるのかそのメカニズムについて2つ説明したいと思います。香りが脳へ伝わり感情、本能へと移ります。人間は香りを嗅ぐと大脳辺縁系に伝わります。この大脳辺縁系とは情動、意欲、記憶、自律神経に関わっており本能と大きく関わっています。また嗅覚は他の五感(視覚、聴覚、味覚、触覚)と比べ嗅神経から直接伝わるので香りはダイレクトに生命維持に必要な感情、本能に作用します。

又、自律神経を支配する視床下部とも関連しています。視床下部では生命維持に欠かすことのできない体温、水分、血圧、睡眠のリズム、呼吸等様々な働きをしています。つまり香りは人間の感情に加えて身体の器官にも影響を及ぼしているようです。

アロマは自律神経へ働きかけます。自律神経には交感神経と副交感神経があります。交感神経は活動している時、緊張している時、ストレスを感じている時に働きます。副交感神経は休息している時、睡眠時等リラックスしている時に働きます。1日の割合としては活動がしやすいように日中に交感神経が優位であり夜は日中の疲れを回復させるため副交感神経が優位に働いています。

香りは交感神経、副交感神経のどちらにも作用します。つまり副交感神経に働きかけリラックスさせる効果のあるアロマもあれば自律神経に働きかけリフレッシュ、スッキリした気分にさせる効果があるといわれています。

睡眠誘発には副交感神経に働きかけるアロマが有効であるとわれています。しかし副交感神経に働きかけるアロマの香りでもひとそれぞれ好みがあります。自分自身がいい匂いと思わない香りであれば体は不快と感じて癒されません。なので自分が好きな香りを利用しましょう。

アロマが睡眠に与える効果があるのか説明いたします。先程と説明したように香りは感情と本能、自律神経この2つに作用します。つまり睡眠に効果をもたらすという事は感情と本能を静めてくれ自律神経では副交感神経を優位にすることで睡眠の質が上がる事に成るのです。睡眠の質が上がるといってもリラックス作用はあっても睡眠中はあまり関係がないのです。熟睡時に香りがしても気づかない事が多いと思います。睡眠前にストレスを感じたままでは交感神経が優位になりなかなか寝付けないためその状態を改善する事を目的に行うのです。

睡眠にはアロママッサージでリラックスしていただく事をおすすめしています。

アロマセラピーと睡眠 : 男性セラピストによる女性専用の出張アロママッサージ福岡

皆さんは好きな香りを嗅いだ時に良い匂い、癒されると感じた事はありませんか。ふと香った香りが懐かしく感じた、嫌なことを思い出した経験がある方もいるのではないでしょうか。香りは人間の感情や記憶に関連して多かれ少なかれ体に影響を与えています。アロマセラピーでは

aromarilax.blog.jp

広告

ストレスと女性ホルモンのバランス

ストレスの多い現代の生活ではホルモンのバランスが崩れ女性特有の悩みを抱えた人が増えてきています。女性の体は繊細ですので、ちょっとしたバランスの崩れが原因でPMS、月経不順などの症状が出やすいので、いつまでも健やかに美しくいられるように早めのケアをすることが必要です。

女性の体はホルモンの分泌で微妙に体調が変化します。女性が閉経するまでに体内で分泌される女性ホルモンの量はスプーン一杯といわれています。そんなわずかな量の分泌が少しくなるだけで体調を崩してしまい、女性の体は繊細にできています。特に加齢によるエストロゲンの減少は女性にとって不快な症状を引き起こす原因になります。エッセンシャルオイルを上手に使用して女性特有の悩みを解消しましょう。

男性セラピストによる女性ホルモンアップとバストアップ

胸を大きくするためには、女性ホルモンが必要と言うようなことを聞いたことのある人は多いでしょう。女性ホルモンは体質によるものだから分泌量は変えられないと諦める人もいることでしょう。

確かに女性ホルモンの分泌には個人差がありますが努力でカバーできることもあります。女性ホルモンを増やすためには一体どうしたら良いのでしょうか。

女性ホルモンが乳腺を発達させて、胸を大きくする。女性の胸は9割が脂肪で残りの1割が乳腺でできていると言われています。ただ、乳腺は脂肪に囲まれて守られていますので、乳腺が発達すれば乳腺の周りに脂肪がたくさん付いてくれることになります。

乳腺を増やすためには、女性ホルモンの分泌を増やす必要があります。中でもエストロゲンの分泌が増えると、乳腺が発達しやすく、胸が大きくなります。

質の良い睡眠が女性ホルモンを増やします。胸を大きくしてくれる女性ホルモンの分泌を増やすためには、十分な睡眠を取る必要があります。と言うのはホルモン分泌が盛んな時間帯は、夜の睡眠時間中だからです。

特に夜22時から翌朝2時までの時間帯の睡眠中は、もっともホルモンの活動が盛んな時間帯です。就寝の少し前からパソコンやスマホの使用を控えて、薄暗い部屋でリラックスしていると、就寝時間に寝付きやすくなります。

ハードな運動も運動不足も駄目です。スポーツ選手にはハードな運動で、女性ホルモンのバランスを崩してしまう人が多いものです。一般の人でもハードな部活動やスポーツの習い事などで、女性ホルモンのバランスを崩してしまう人もいます。

ハードな運動とは逆に、運動不足も女性ホルモンの分泌を減らしてしまうことがあります。胸を大きくするためには、運動は適度を心掛けることが大切です。普段全く体を動かさない人は、たまにはウォーキングやジョギング、階段の昇降運動などをしてみると良いでしょう。

過食も過度な食事制限も駄目です。やりすぎもやらなさすぎも良くないのは運動に限ったことではなく食事に関してもです。ストレスによる過食も胃に負担がかかりますし、過度な食事制限も胸に必要な栄養を体内に取り入れることができません。

女性ホルモンの分泌を増やすためには、栄養バランスの良い食事を1日3食摂りましょう。エストロゲンの原料になる動物性タンパク質、植物性タンパク質を適度に摂取することも大切です。

胸を大きくする効果のある女性ホルモンの分泌は、生活の送り方次第である程度は増やすことも可能です。ただし、ハードな運動や過食などの極端なことをするのは良くありません。適度な運動や栄養バランスの良い食事、夜の十分な睡眠などを心掛けましょう。