男性セラピストによるアロマオイルトリートメントでバストアップ

★アロマトリートメントの効果や効能

アロマというと花や果物、植物の香りが特徴です。人は、アロマの香りに包まれると心身ともにリラックスできます。そのため普段からアロマをあらゆる場面で活用している人はたくさんいます。そもそも、アロマとは植物由来のエッセンシャルオイルを使った自然療法になります。アロマで心身ともにリフレッシュすることは、美容と健康にとても良いということが分かっており、その効能の高さから、医療や介護、スポーツなど多岐に渡りさまざまな用途に活用されています。例えば、バスタイムに入浴剤として利用したり、夜寝る前にアロマを焚いて心身の疲れを癒す人もいるでしょう。その他、風邪予防など体調管理に使ってる人もいます。

香りを楽しむだけでも、かなりの癒し効果が期待できますが、それだけでなくアロマには想像を超えるほどの秘めたパワーがあったのです。女性はホルモンにより心身の状態が左右されます。まず、ホルモンバランスが崩れると肌荒れや髪のコシや艶がなくなるなど美容面にトラブルが起こるほか、月経不順やPMSなども引き起こします。又、女性ホルモンをコントロールしている視床下部は自立神経も司っているため、女性ホルモンの乱れは直で自立神経の乱れに繋がります。自立神経が乱れると、動悸や息切れ、イライラ、不眠などの身体の不調が起こります。この視床下部はストレスに弱いという弱点があり、睡眠不足や人間関係のトラブル、不規則な生活などほんの少しでもストレスに感じることが起こると機能が低下してしまうのです。現代女性は、まさにストレス社会に身を置いており、このストレスを完全に取り除くことは不可能に近いと言えます。そう考えるとホルモンバランスと日常生活のストレスに常に曝されている視床下部の機能はいつ低下してもおかしくない状態にあるわけです。ここで、アロマの秘めた力が発揮されます。エッセンシャルオイルの香りは皮膚や鼻を通して大脳辺縁系という欲求や情動を司る器官に伝わります。ここで心地いいと感じると視床下部へと伝わり、呼吸や自立神経などの働きが正常化されることで、体内環境のバランスが整います。又、この視床下部は女性ホルモンを司る最高司令部と言われ女性ホルモンの増減をコントロールする働きを持っています。

視床下部からの指令が脳下垂体に伝わることでエストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンが分泌されます。つまり、アロマの心地いい香りは、視床下部の機能を正常化する働きがある訳です。ホルモンバランスが整えられると2つの女性ホルモンが正常に働きます。これがバストアップに良い効果をもたらすのです。アロマにより心身の健康が保たれることである程度バストアップ効果も期待できますが、それに加え、特にバストアップの効果が高いと言われているアロマを活用することで更にバストアップ効果を高めるケアをしてみてはいかがでしょうか。約200~300種類ある中でもバストアップに適したエッセンシャルオイルをご紹介したいと思います。

・ローズオットー

ダマスクスローズから水蒸気蒸留法にて抽出されたエッセンシャルオイルになります。精油の女王と言われるだけあって甘美で華やかな香りになります。

◎効能・・・精神面の鎮静や緩和作用が高くストレスや情緒不安定などに効果あり。身体面においては女性の場合、生殖器系への効果が高く、PMSや月経不順などにも有効。それに加え、キメを整える、炎症を抑える、ハリを与えるなどの美肌への効果も高い。 注意点としては、ホルモンや子宮に働きかけることから妊娠初期には使用しないようにしましょう。

・カモミールジャーマン

キク科の植物から抽出されたエッセンシャルオイルになります。ヨーロッパでは古くから産婦人科系の治療に使われていたようです。

◎効能・・・ストレスや不安、緊張、怒りなどの負の感情を抑えてくれる効果や安眠にも有効。又、胃の粘膜を保護、修復し消化を助け下痢や胃痛にも良い。女性の場合、通経作用や月経痛の緩和、月経周期を整える効果もあります。美容面では抗炎症や抗ヒスタミン効果に優れ、肌荒れや炎症、かゆみを抑えスキンケアにも適しています。

・ネロリ

ビターオレンジの花から抽出されたネロリは、古くは10世紀~11世紀にアラブよりヨーロッパに伝えられ、その後イタリアの公妃により愛用されたことで広まり純潔の象徴として人々を魅了します。又、その華やかな香りは香水や化粧品に使われることが多いです。

◎効能・・・細胞の活性化でハリ、艶のある肌へ導く効果がある。天然の精神安定剤としてショックやヒステリー状態を鎮静してストレスを軽減する他、うつ予防にも有効。さらに、更年期や月経に伴う障害を軽減する効果。妊娠中でも使用可能です。

その他にもクラリセージやイランイラン、フェンネル、ラベンダー、ジンジャー、ジャスミンなど女性ホルモンに作用するエッセンシャルオイルは数多くあります。アロマは他のバストアップ法とは違い、自立神経やホルモンバランスをコントロールする視床下部に直で働きかけるため、その効果は期待できるもと言えます。アロマの良いところは、美容面や精神面、身体面にトータルで働きかけることです。まさに美と健康は一体です。どちらかが不調になると、あと一方も同じように悪い方向に引き込まれます。アロマによるトータルケアはバストアップだけでなく、女性が心身ともに健康で美しくなれる理想的な自然療法かもしれません。古くから自然療法として人々の心身を癒してきたアロマは、自立神経とホルモンバランスを司る視床下部に直に作用することで、女性の心身の健康を維持し、向上してくれるパワーがあります。又、200~300種類あるアロマエッセンシャルの中には、特に女性ホルモンに効果が高いと言われているものもあり、それらのエッセンシャルオイルを日常的に活用することはバストアップにより良い効果をもたらしてくれます。

★女性ホルモンを整える方法とバストアップへの効果

胸を大きくする方法はエクササイズなど色々ありますが、確実にバストアップをしたいのなら女性ホルモンの働きをよくすることが必要です。女性ホルモンには乳腺組織の発達に働きかける作用があり、胸の構成は脂肪のほか乳腺組織でされているので、思春期後の女性であっても乳腺組織を発達させることによりバストアップが可能となります。乳腺組織の発達を促す女性ホルモンは2種類あり、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)と呼ばれています。効果的にバストアップさせるのに必要なのは、このエストロゲンとプロゲステロンの分泌を整えることです。エストロゲンとプロゲステロンの分泌量が足りないと、女性は体に支障が出やすくなります。乳腺を増やすエストロゲン、乳腺を発達させるプロゲステロンを増やすとバストアップのほか、健康の維持をすることができます。

★女性ホルモンを整える方法

睡眠が乱れるとホルモンの分泌にも乱れが生じるので、夜遅く寝る習慣を改めて0時前には寝るようにし早朝に目覚めるようにします。女性ホルモンには脂質とタンパク質の摂取が重要であるので不足して分泌量が不足しないよう、ダイエットなどでお肉やお魚を制限したりせずにきちんと摂るようにします。精神的ストレスがたまると女性ホルモンに影響がでやすくなるので、アロマの香りで心を落ち着かせるようにします。ネロリ、ラベンダー、イランイランなどのアロマの香りには月経前症候群、ホルモンバランス調整、子宮の働きの改善の効果があります。

睡眠とホルモンには深い関係があると言われています。特に女性ホルモンのバランスが崩れると体に様々な影響が出てしまいます。お肌によく使われるゴールデンタイムは22時から2時の間で昔は日が沈むと眠り、日が昇りはじめると起きるという生活をしていました。特にゴールデンタイムの間にバストを成長させたり、代謝を上げたりと女性にとっては特に重要な役割を行っている時間でもあります。そのため、ゴールデンタイムまでには眠るようにするだけで、美容やバストアップに積極的に取り組まなくても自然と取り組んでいることになります。良質な睡眠をとることでストレスから解放され、美容だけでなく健康的にもなれるのです。人によって様々な考え方はありますが、6時間~8時間は睡眠をとりましょう。

睡眠不足になると、脳や体に疲れが出てしまいそれによって女性ホルモンのバランスがくずれてきてしまいます。バストアップに大切な乳腺が女性ホルモンの分泌が正常に行われないと発達することができません。特に30歳くらいまでの人は睡眠中に成長ホルモンが代謝を高めてくれます。子どもの頃の体をつくり、バストが大きくなってきます。内臓が休んで元気になったり、使った筋肉を前よりも強いものへと回復させてくれるとても重要なものです。バストアップに大切な乳腺に働きかけて大きくしてくれますが、個人差が大きく関係してきます。また、年齢も10歳頃から30歳頃にかけての間で、眠ったからといって大きくならない人もいます。眠るだけでバストアップに期待できるのであれば、やった方が胸だけでなく美容にも健康にも良いですよね。続かない筋トレをやるよりも続けられることです。ただ、深夜まで起きている生活をしている人は、朝を早く起きるようにしたり、リラックス効果のある入浴剤をいれてゆっくりお風呂に浸かるなど工夫しないと慣れるまで寝付けないことがあるでしょう。また、睡眠にすんなり入れるように、寝る前は明かりを消して、パソコンなども見ないように気を付けると良いでしょう。ゴールデンタイムの睡眠がバストアップや美容に繋がることを考えれば、深夜まで起きているメリットを遙かに超えて、体に良い変化をもたらしてくれます。

男性セラピストによるバストアップマッサージ

広告

男性セラピストによるアロマトリートメントの詳細

★男性アロマセラピストによるアロマトリートメントについて
男性アロマセラピストによるアロマテラピーオイルトリートメントでは、エッセンシャルオイル(精油)の優しい自然の香りが心と体を癒します。オールハンドのオイルトリートメントが基本となる、男性セラピストの手による全身のアロマオイルマッサージです。男性の温かい大きな手による包み込むようなオイルマッサージをお楽しみください。アロマオイルの香りが 女性ホルモンの分泌を促進しバランスを整えます。男性セラピストによるアロママッサージは多くの女性に安心してご利用いただいている安全なオイルマッサージです。欧米ではスタンダードな施術のひとつです。男性セラピストによるアロママッサージは性感マッサージのこと、という誤解もあります。アロママッサージは精油を用いたアロマオイルトリートメントで温かい手大きな手による包み込むようなオイルマッサージ、力強いタッチで施術いたします。

女性とは異なり、男性の手はとても暖かく、特に冷え症にお悩みの女性の手や足を、男性セラピストの手の優しいぬくもりで芯まで温めていきます。なぜ男性の手は温かいというと、それは男性が女性に比べ筋肉量が多く、脂肪が少ないからです。筋肉量と脂肪量の男女差は19~39歳の日本人平均において約5割の違いがあります。人間の体において、筋肉は熱を創り出す役割を担っています。つまり、体のなかの暖炉のようなものです。一方、脂肪は熱を作る出すことはなく、熱を遮断する、つまり保温機能を担います。女性は暖炉が小さく、その暖炉の熱も脂肪によって遮断してしまうため体表面は低温となります。一方、男性は暖炉が燃え盛っており、その炎を遮断する脂肪も少ないため男性の手は温かく感じるのです。男性の手は大きい、というのはデータからも示されています。男女の平均で比較すると男性の手の面積は女性より18%大きいのです。男性のほうが平均身長が高いため手も大きい、というだけでなく、同じ身長で比較しても男性の手のほうが女性より9%大きいのです。女性の手の形の特徴は、指が長く手が全体として細い、という点です。一方、男性の手は指が短く横に広いのです。男性によるアロママッサージを受けると、包み込まれるような感じがする、というのは男性の手が幅広いという形の特徴とその大きさにあるのです。

★アロマオイルの香りに包まれて
アロマオイルの香りが 女性ホルモンの分泌を促進、バランスを整えます。アロマオイルマッサージによって女性ホルモンのバランスを整えることは、美肌や美髪、くびれた女性らしいスタイルを保つためにもとても大切な事です。女性ホルモンには卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類あります。プロゲステロンが出産、妊娠にかかわり、エストロゲンが言わゆる女子力にかかわる女性ホルモンとなります。脳の視床下部というところが、その二つの女性ホルモンをバランスよく分泌しています。女性ホルモンは体内の細胞でしか作られないために、食事からはほとんど摂取できません。ストレスの少ない健康で規則正しい生活を心がける、といった地道な努力が必要です。でも、仕事が忙しい、育児がたいへん、就職活動で強いストレスを感じている、といったときに、健康な生活を求められても、ななかな難しいのが現実です。そういう女性におすすめなのが男性セラピストによるアロマオイルトリートメントです。男性の手によりマッサージされているという意識は、女性ホルモンの分泌を促進し、女性らしい健康な美しさを取り戻すのに大きな効果があると言われます。

ローズオイルは女性ホルモンの分泌を促進する効果があるといわれます。又、ローズに多く含まれるゲラニオールという成分は女性ホルモンと同様の働きをもち、女性の美を維持すると言われます。ゼラニウムには女性ホルモンのバランスを整える効果があります。クラリセージに含まれるスクラレオールという成分はエストロゲンとよく似た化学構造を持ち、PMS(月経前症候群)の症状を改善する効果があるといわれます。その他、イランイランも女性ホルモンの分泌を促進することで、多くの女性に高い人気があります。ローズやゼラニウムといった精油をトリートメントオイルにブレンドすることで、女性ホルモンの分泌促進効果はさらに高まります。最近ちょっと心が乾いているかも、女子力が低下しているかも、という女性には男性セラピストによるアロマトリートメントをぜひお試しください。男性セラピストによるアロマトリートメントは欧米ではスタンダードな施術のひとつです。男性セラピストによるアロママッサージは欧米では珍しくありません。