バストアップするには

バストアップするためのマッサージには2つのステップがあります。第1ステップは、バストに沈殿している乳酸、老廃物を取り除きマシュマロのようなふわふわおっぱいにするアロマトリートメントです。第2ステップは、バストを鍛え、張りのある胸にし、カップ数を上げるためのバストアップトレーニングです。個人差はありますが、1カップから最大2カップまで大きくすることが可能です。さらに、マッサージを続けるほど乳首や乳輪がピンク色になり、乳首が上を向いて乳房の形が美しくなっていきます。女性にとってバストはシンボルです。自分の乳房と思えないほどの喜びを得る事は間違いないです。

 

 

バストアップするには、女性ホルモンと成長ホルモンが分泌されて、初めてアロマトリートメントの効果が現れます。まずは、バストとはどういう構造なのか、どういう仕組みで膨らむのかなどを説明していきます。構造や仕組みを知ったうえでバストアップマッサージをすると効果が出やすくなります。

 

 

◎バストの構造
バストの9割は脂肪、1割が乳腺です。乳腺は、乳房1つに対して平均15~25個の塊として存在し、乳頭の周りで葉っぱが枝分かれしたように張り巡っています。乳腺が発達している人ほどバストは固く豊かになります。乳腺の脂肪は、乳腺の周りに付いて乳腺を保護しています。バストは脂肪の量が多いか少ないかで大きさ、形状、張り、丸み等が違ってきます。乳房の下には大胸筋があり、バストを支える役目を担っています。この大胸筋の退化や老化が進むとバストが垂れ下がり張りがなくなります。

 

 

◎バストのタイプ
バストは、乳腺質と脂肪質の2つのタイプに分けられます。乳腺質のバストは、乳腺がたくさん詰まっているため比較的固めで乳房も大きく垂れにくいのが特長です。脂肪質のバストは、乳腺数に比べて皮下脂肪が多いタイプの乳房です。乳房が柔らかいために仰向けになるとペチャンコになったり、授乳経験があると垂れ下がる傾向があります。

 

 

◎バストと女性ホルモンと遺伝の関係
乳腺や脂肪の量が多いか少ないかでバストの大きさ、形状が変わってきます。バストが思春期のころに大きく成長するのは、成長ホルモン、女性ホルモンが活発に分泌して脂肪や乳腺を発達させてくれるからです。その頃に、強い精神的ストレスを受けたり、過剰なスポーツ、過度なダイエットなどをすると発達が阻害され、バストが大きくならないのです。現在は、バストの大きさと遺伝はあまり関係ないと言われています。

 

 

人間の細胞の数はおよそ60兆個あると言われますが、その数に個人差はありません。太っている人と痩せている人の違いは、脂肪細胞が膨らんでいるかそうでないかの違いだけなのです。バストも同じで乳腺と脂肪が発達しているかそうでないかの違いです。女性は、思春期に胸が膨らんできますが、この時期に成長ホルモンとラクトゲン受容体が十分に分泌されるかどうかでバストの大きさが決まります。しかし、この2つが時期的にずれて分泌されたり、成長ホルモンの分泌量が少なかったりするとバストが膨らみにくいのです。成長ホルモンの分泌を阻害する要因は、思春期の頃に強い精神的ストレスがあったり、過剰なスポーツ、無理なダイエットをしたりしたなどです。思春期が終わると女性ホルモンや成長ホルモンは分泌量が次第に落ちてきます。そして、この時期を逃すと、もう二度とバストアップはできない、と思われてきました。しかし、最近の研究では、30代、40代になってもバストアップができるという事が、発表されています。

 

 

バストを発達させるためには、3つの条件をクリアすれば可能です。

 

 

・1つ目は、土壌です。
発達を阻害する乳酸や老廃物をバストから取り除いて発達しやすい土壌を作ることが必要です。これらは、乳房の組織に貼りつき、発達を阻害するからです。

 

 

・2つ目は、肥料です。
それは、ヒト成長ホルモンと女性ホルモンです。思春期にはこれらのホルモンが大量に分泌されますが、この分泌を阻害するような環境にいた女性は、バストの発達が阻害されていたということになります。これらのホルモンは思春期を過ぎると徐々に減ってきます。

 

 

・3つ目は、育成です。
良い土壌に良い肥料を与えても日々刺激していかないと育成できません。筋肉と同じでバストも何もしなければ衰えてきます。美しいバストを保つには日々のトレーニングが必要です。

 

 

これらの3つの条件が揃うと、再びバストは発達してきます。施術中はヒト成長ホルモンや女性ホルモンがたくさん分泌されています。施術の最後にバストアップマッサージをすると効果が出やすいということがわかりました。そして、マシュマロのようなふわふわおっぱいになり、乳首が上向いてバストの形が良くなります。女性にとってバストはシンボルです。バストアップマッサージをすると、乳房は本来あるべき形に戻っていきます。バストは長年ケアしないで放置していると、周りの筋肉との間に乳酸や老廃物が溜まり、それがバストを引っ張ることで形がいびつになっているのです。又、授乳後は乳房内に乳酸や老廃物が大量に溜まっていますから、バスト自体も歪になっています。胸の大きい女性でも、バストアップマッサージをすれば形の良い綺麗なバストになります。バストアップトレーニングは乳房をもっと大きくしたい時に、行う事をおすすめします。そして、バストを支えるために大胸筋、小胸筋を鍛えるエクササイズをしましょう。

 

広告

アロマトリートメントでバストアップ、美乳に

◎バスト形成と女性ホルモンの関係について

あなたは、ご自分の胸に自信がありますか。胸の大きさや形でコンプレックスを感じている女性は非常に多いです。バストアップに効果的というれる食べ物を積極的に摂っているのに、胸が大きくならなかったり全身的に太ってしまったり。胸の大きさには不満はないけれど、加齢とともに肌も老化して張りのないとても美乳とはいえない形だったり。最近は、バストアップに女性ホルモンのエストロゲンが効果的ということでサプリメントを服用している人も驚くほど多いです。

 

しかし、必ずしもエストロゲンのサプリメントを服用している全員が、満足する美しい胸を手に入れられているわけではありません。胸は大きくなったけれど、垂れて美乳なんていえるものでなかったり、頭痛や吐き気が続くといった体調の不良が増えることあります。過剰なエストロゲンは体調不良のみならず、乳ガンや子宮体ガンを発症する可能性を高めてしまうマイナスの要素もあります。このエストロゲンの暴走を止めてくれるのが、同じく女性ホルモンであるプロゲステロンなのです。現代女性は危険なエストロゲン優位になりがちともいわれます。

 

◎バストアップに知っておきたいこと

胸は乳腺の発達と脂肪によってできています。胸の大部分は脂肪ですが、胸の脂肪だけを増やすということは困難です。太らずにバストアップするためには乳腺の発達を促すことが最善の方法となります。乳腺の発達を促すものが女性ホルモンの1つであるエストロゲンです。乳腺細胞は、このエストロゲンが乳腺細胞の細胞膜にあるエストロゲン受容体にくっついて増殖します。胸を大きくするためには、エストロゲンの分泌を促したりエストロゲンと同じ働きをするものを摂取することが必要です。しかし、健康的なバストアップのためにはエストロゲンが過剰な状態にならず、美乳のためには胸に張りを持たせるための日頃からのケアが重要です。

 

プロゲステロンの大切な役割はエストロゲンの作用抑制です。女性ホルモンの一つであるプロゲステロンは、主に月経周期の排卵後に卵巣で産生されるステロイドホルモンですが、副腎皮質などでも微量ではあるが分泌されています。プロゲステロンには、乳癌を防ぐ効果や精神を安定させ幸福感を高める効果があると最近の研究結果が示しています。更年期の女性ではプロゲステロンはほとんどゼロにまで低下し、月経不順(生理不順)の場合にもプロゲステロンが減少している可能性があります。プロゲステロンは年齢に関係なく多くの女性が不足しがちなホルモンです。安定した月経は、プロゲステロンの安定した分泌のバロメーターの1つといえます。年齢に関係なく安全にバストアップと美乳対策する上で、プロゲステロンが不足、欠乏してエストロゲンが過剰にならないよう、二つの女性ホルモンの分泌バランスが重要です。

 

◎アロマトリートメントの利点

・植物由来のため、作用は穏やかで安全に誰でも使いやすいアロマオイルが多い。

・アロマオイルの成分は、嗅覚と皮膚からの吸収が可能。

・キャリアオイル等で希釈することで、目的部位(胸)に直接塗布することが可能。

・吸収された成分は、長時間にわたり体内に残らず排出されるため過剰になりにくく安全。

・アロマオイルをブレンドすることも可能ため、同時にリラックスすることもできる。

 

◎バストアップと美乳に有効なアロマオイルの作用

・エストロゲンに似た働きをし、バストアップの効果に期待ができる。

・生体内のホルモンと似た働きをする。

・月経周期を整え安定した月経を促す。

・ホルモンの分泌を調整しバランスを整える。

・肌を柔軟にし、張りのある美乳にする効果が期待できる。

 

◎バストアップと美乳に効果的なアロマテラピー

バストアップと美乳対策のアロマテラピーにはアロマトリートメントが最も効果的です。アロマトリートメントは、バストのまわりで優しく円を描くようにマッサージを行います。

アロマセラピーとアロマトリートメントについて

アロマセラピーは、植物から抽出した成分である精油を使い、私たちの心身のリフレッシュやリラックス感によるストレスの軽減、疲労回復、体の恒常性を高めるといった効果により不調の緩和や健康、美容に役立てるために行うものです。そして、アロマセラピーの様々な用法の中で、精油を用いたアロマトリートメントは、男性セラピストのタッチングとあいまって私たちにとても深いリラックス感を与えてくれる、アロマセラピーを代表する使い方となっています。アロマセラピーのトリートメントは、痛みの治療や症状の緩和としてのマッサージとは違い、セラピストが精油を希釈したトリートメントオイルを使い、タッチしながら、お客様に心地よさや開放感を感じていただくためのものです。

 

・最近仕事の疲れが溜まっている。

・ストレスで気持ちが晴れない。

・なんとなく身体がだるい、重い。

・たまには、ゆっくりと休んでみたい。

といったことでお悩みでしたら、ぜひ、男性セラピストのアロマトリートメントを試してみてください。

 

私たちの体は、大変精密に組み立てられており、常に外界の変化や状況に応じて最善の対応を取れるようにプログラムされています。そして、その全ての指令は脳より神経伝達やホルモンといったものを介して行われていますが、体に疲労が溜まったり、大きなストレスを感じたりし続けていると、それらの伝達が上手くいかずに、体が状況に応じた対応を取れなくなっていきます。そのような場合、体をゆったり休めると同時に、第三者によって心地よいタッチングをしてもらうことは、体内の環境を本来の状態へと戻し、身体の各器官を活性化させ、同時に心理状態もリフレッシュさせることに対して、大変有用であると言われています。男性セラピストのアロマトリートメントを受けることは、日々ストレスにさらされているお客様にとって、とてもよいリラクゼーションと言えます。

 

アロマトリートメントの際にアロマセラピーの精油を使うことは、リラックスとしてとてもよい相乗効果が期待できます。精油は、香りによって鼻腔から体内へと取り込まれ、嗅覚刺激により脳へと働きかけて私たちをよりリッラクスさせるという心理作用を及ぼします。又、呼吸により肺へ達した成分やトリートメントによって皮膚より吸収された精油の成分は血中へと取り込まれ、体の隅々にまで行き渡ります。その結果、体内の各器官や臓器などに働きかけ、神経伝達やホルモン作用といった体内の活動に影響を与えることが確認されています。よい香りや、ご自身の好きな香りの精油を使ってトリートメントを受けることは、男性セラピストのタッチングによるリラックス感をさらに高める効果があります。