美容

快眠を得るためのおすすめ

夕食は眠る3時間前までに済ませましょう。

食事から摂った食べ物が胃の中に溜まったままの状態では、よく眠れないのです。食べ物を消化するために胃腸が活発に働き、その刺激が眠りに影響を与えるからです。逆に空腹の状態では脳が興奮してしまい眠りにつきにくくなります。

お腹がすいている時はカルシウム、脂肪、トリプトファンが含まれた食品を小量摂るとよいでしょう。ホットミルクがおすすめです。

夜中にお腹いっぱい食事をしてしまうと胃腸は活発に消化活動をするため疲れがとれず、本来なら眠っている間にするべきグリコーゲン(スタミナ)の合成、毒素の排泄などができなくなり、朝起きたときにむくみの症状が見られたり、気分が悪かったりすることがあります。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中