美容

睡眠の質について

睡眠の質は、脳や身体の緊張とリラックスに深く関わっている「自律神経」のバランスを整えることで、向上させることができます。

自律神経は、自分ではなかなかコントロールできないものですが、少しの工夫で自律神経をだまし、睡眠の質を上げることができます。

脳や身体の緊張とリラックスに深く関わっている自律神経。このバランスを整えることで、睡眠の質が向上することをご存知の方も多いと思います。

ただし、自律神経は筋肉を動かす運動神経などとは異なり、自分ではなかなかコントロールできないものです。

3分だけでも髪をドライヤーで乾かす
髪が濡れたままだと、首もとが冷えやすく、交感神経を刺激してしまう恐れがあります。

首は身体と脳を結ぶ神経が通る部位のため、冷えると安眠の妨げになります。特に髪の長い女性は、しっかりとドライヤーで髪を乾かしましょう。

3分ぐらいと気軽に始めるだけでも、それが習慣づけば自律神経をだますことができます。
 
寝る前にコップ1杯の水を飲む
睡眠中は汗をかくことで体温が下がり、眠りが深まっていきます。

しっかりと汗をかくためにも、就寝前の水分補給は不可欠。また、水は常温がベストです。

キンキンに冷えた水を飲んでしまうと身体が緊張して眠りが浅くなってしまうので、なるべく避けてください。
 
寝室ではテレビを観ず、一度読んだ本に目を通す
就寝前にテレビでドラマを観たり、スマートフォンで調べ物をしたりすると、脳が興奮してなかなか寝つけず、睡眠の質も下がってしまいます。

そこでおすすめなのが、何度も読んだ本を再び読むこと。既視感のある内容は眠りを妨げる刺激がなく、スムーズに入眠できるようになります。

難しい人文系の学術書やゴルフのプレー教則本、何も考えずにぼーっと眺められるカタログなども効果的です。
 
夜はコーヒーを飲まずに香りをかぐ
五感の中でも、特に嗅覚は脳と深く結びついているため、「良い香りをかぐ」ことでリラックス状態へ導くことができます。

基本的には好みの香りで大丈夫ですが、悩んだときはラベンダーやローマンカモミールなど、比較的甘いハーブ系のアロマなどを取り入れてみましょう。

また、意外にもコーヒーの生豆や粉末を容器に入れて枕もとに置くのもおすすめで、ほんのりといい香りが安静効果をもたらしてくれます。
 
気になることがあればメモ書きでアウトプット
布団に入ったものの、「明日の仕事や悩み事などが頭から離れず、なかなか寝つけない」というときも…。

そんなときは、一度起きて思いついたことをメモに書き出してみましょう。書く内容はできるだけシンプルに、「会議」「〇〇さん」などの単語だけでOKです。

あれこれ考えず、頭の中を空っぽにするつもりで「ペンや鉛筆で悩みを身体の外に出す」というイメージで書き出してみてください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中