美容

アロマセラピーの作用

嗅覚を通して脳を刺激する

香りの成分が嗅神経に到達し、電気信号として大脳辺縁系に伝わります。大脳辺縁系は人間の記憶と感情、自律神経やホルモン、免疫の調節もつかさどるところです。ストレスをうけたことで不調が現れますが、アロマの香りで脳をリラックスさせることで、自律神経などの機能の改善がみられるといわれています。

血液循環でからだへ

アロマのエッセンシャルオイルなどの成分が、皮膚の表面から毛細血管へ到達し、血液を通して各部位の症状を緩和するといわれています。マッサージなどで使用する場合、皮膚に塗布するので「化粧品」として使用することになります。

http://aromarijax.crayonsite.net/

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中